もっとキレイに!

キレイに輝くための美容と健康のヒント

関節痛対策に摂りたい栄養素4つとおすすめな食材

関節痛対策に摂りたい栄養素をおすすめ食材について、カンタンにまとめておきます。

 

関節痛に良い成分として、コンドロイチン、グルコサミン、オメガ3脂肪酸、カルシウムが挙げられます。その成分の特徴と含まれる食材について、書いておきます。

 

 

f:id:hanagardener:20170709002824j:plain

 

コンドロイチンについて

コンドロイチンは皮膚や粘膜などに存在しています。軟骨部分にもあり、軟骨に水分を届け関節をスムーズに動かす潤滑油の働きをしてくれます。

 

コンドロイチンは25歳をピークに生産力が低下する成分と言われています。

 

コンドロイチンを含む食材として、フカヒレ、ウナギ、ヒラメ、ナマコ、鶏の皮、やまいも、さといも、納豆、なめこ、オクラです。

 

グルコサミンについて

グルコサミンは軟骨の主成分です。こちらも加齢とともに合成量が低下すると言われています。

 

グルコサミンを含む食材として、ウナギ、干しエビ、やまいも、きのこ類、オクラです。

 

オメガ3脂肪酸について

オメガ3脂肪酸は、魚や植物に含まれる不飽和脂肪酸です。関節痛に良い成分ですが、酸化しやすい欠点があるので、ビタミンEが含まれている食材と一緒に摂取するのがおススメです。

 

オメガ3脂肪酸を含む食材には、ウナギ、鮭、ブリ、サバ、イワシ、サンマ、マグロ、しそ油、アマニ油です。

 

カルシウムとビタミンD

また、関節痛は骨を強くすることで改善されることがあります。

 

食事に摂り入れたいのは「カルシウム」です。乳製品や小魚、大豆製品に多く含まれています。

 

カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDを一緒に摂ることがより効果的です。イワシや鮭、ウナギ、きくらげ、干ししいたけなどがビタミンDが多く含まれています。

 

スポンサーリンク