もっとキレイに!

キレイに輝くための美容と健康のヒント

顔だけじゃない美ボディを作るためには、ワキ下のケアから!

夏になってから慌てるのがわきのお手入れではないでしょうか。とかく、夏が近くなると、ダイエットやネイルに忙しくなりますが、忘れずにケアしておきたいのが「わきの下」です。

ワキの下のお手入れというと、ムダ毛処理を思い浮かべるかもしれません。しかし、それだけでは美ボディとは言えません。なぜなら、わき毛の処理がきちんとできていても、わきの下の皮膚が黒ずんでいる女子は意外と多いからです。

わきのムダ毛処理が黒ずみの原因?

これは、少し悲しい事実ですが、わきの下のムダ毛処理が、わき下の皮膚の黒ずみの原因の一つとなっています。つまり、ワキ下のムダ毛処理をやめれば、黒ずみやくすみもなくなるというわけですが、ムダ毛処理をしないわけにはいかないですよね。

もちろん、ムダ毛処理だけがわき下の黒ずみの原因ではありません。

他に考えられる原因としては、次のようなことがあげられます。

<ul>

  • 下着や衣服の摩擦
  • リンパの流れが悪い
  • 制汗剤の刺激
  • 清潔に保たれていない
  • 汗をかきやすいのに乾燥しているわき下の皮膚

    夏の暑いときや、運動した後など、わき下は汗をかいてベタベタになりますよね。もともと、わきの下には感染が集中しているので、汗をかきやすくいつもベタついているイメージがあるかもしれません。

    しかし、一方で、お肌の内部は水分不足になっていることがあります。

    ムダ毛処理や衣服などの摩擦により刺激を受けた肌は、メラニン色素を生成し、それが蓄積されてわき下のくすみとなります。また、刺激を受けたお肌は、バリア機能が低下し、水分保持ができにくくなっているので、ベタついているのに乾燥肌になってしまうんです。

    わき下のお手入れ方法

    わき下のお手入れ方法としておすすめなのは、専用のクリームを使用することです。最近は、ワキ下専用の美白クリームや保湿ジェルが販売されているので、それらを使ってみるのが一番良い方法でしょう。

    顔用の化粧品や、ボディローションでもかまいませんが、わきの下は汗をかきやすい分、ベタつきが気になると思います。わき専用のアイテムは、わき下の皮膚を研究して作られているので、その点、保湿を行いながらもさらっとしているものが多いです。

    これらのアイテムの中には、返金保証がついているものもありますので、敏感肌の人も安心してトライできると思いますよ。